スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
点滴
2007年02月18日 (日) | 編集 |
1502.jpg

サブが脱水気味になってしまい点滴を受けることになった。
点滴というから長くかかるのかと思いきや10分足らずで終了。

診察室から帰ってきたサブは、首の後ろがふっくらとしていた。
そこに点滴の溶液が流し込まれているらしかった。

流し込まれた溶液は、首から肩へ、腕へ足先へと移動していき、
いずれは体に吸収されるという。
ぽってりと見えていても、サブにとってはラクな状態で
気分いいはずですよというからホッとした。
(上の写真は腕の付け根あたりが点滴溶液で
タプタプしているのだけど・・・わかりづらいですね(^^;)

1503.jpg

そもそも脱水気味になったのは、
前日の夜中に何回となく胃液を吐いたせいだ。

昨夜はおやつがもらえない&怒られたストレスもあって、
アオ~アオ~ウォーウォーと文句を言ってたから、
そのせいもあるのだろうと思っていた。
そういえば、夜はろくすっぽ食べなかった。

翌日はちょうど病院へ腎臓の薬をもらいに行く予定の日。
薬をお願いする電話をしたときに吐いたことも伝えると、
「連れてきてください」。
そこまで必要か? とも思いつつも連れていったら、
脱水気味だと言われたのだった。

先生は「何回か吐いた」と聞いたので、
腎臓からくる嘔吐かと思ったらしい。
それだったら今よりもっと悪い状態で大変だ(汗)
でも結局は脱水状態になってしまうのだって、
腎臓がきちんと機能していないからだそうだ。

サブの腎臓は、わたしが思っていた以上に傷んでいるのだろう。
本人が元気にしているので気がつきにくいけど、
ちょっとしたことでもダメージを受けてしまうのだ。
もっと気をつけていかなくては。。。

病院で胃の薬も飲ませてもらい、
サブは夜には回復してごはんも食べて元気。
かまえかまえとうるさいくらい(^^;

でも、もう油断は禁物。
病院でも飲水量・排泄量・食欲の有無は
気をつけて見ていて下さいと言われているのでした。
しっかりしなくては(-人-)
スポンサーサイト
テーマ:ねこ日記
ジャンル:日記
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。