FC2ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
訃報
2008年03月19日 (水) | 編集 |
2008年3月19日午前6時18分
サブ永眠 享年14歳6ヶ月(推定)

ssabu01.jpg
これは14年前にサブを拾った頃の写真。
(サブはノラ猫の子ども)




サブの記録として、最期まで書いてあります。
内容は愉快ではないのでその旨を承知の方だけクリック。




18日の日記の続き(19日にかけて)。

結局はフリースとバスタオルを敷いた場所から何もない場所へ移動したがった。
冷たい場所のほうが気持ち悪さからしのげるのだろうか。
でも体温がずいぶん下がっているのだ。
これ以上、冷たい場所には置いておけない。
「がまんして、サブちゃん」と、またペット用ホカペのある場所へ移動させる。
でも、しばらくするとサブもまた移動してしまう。
暑いのかと思ったが寝床に手を入れてみてもそれほど熱くない。
むしろ弱いくらいだ。
このくらいはガマンしてもらわなければ本当に冷えきってしまう。。。


午前一時頃だろうか、サブがごそごそと動く音がした。
また移動するのかと急いで様子を見に行くとサブは体を起こそうとしていた。
頭をトイレの方へ向けている。
「あ、おしっこ・・・?」
昼間に点滴を受けたから出すものがあるのだろう。
よろけるサブをサポートしつつトイレに入れてやる。
すると安心したのか、体は横たえたままだったが用を足した。
えらいね。ちゃんとトイレでしたんだね。
サブが済ませたのを確認し、ペット用タオルでお尻をきれいに拭くともとの場所に寝かせた。
「少し白湯を飲む?」
シリンジで少し飲ませると、なんとか飲み込む。


午前四時すぎ頃、またトイレに行きたいそぶりを示す。
トイレのある場所を目で確認すると、そちらへ向かおうとするのだ。
さっきと同じようにサポート。そして済ませたあとは寝床に寝かせた。
だが、どうにもホカペがイヤなようですぐ移動しようとしてしまう。
これでは目が離せない。。
ならば、とホカペを撤去して遠赤外線ストーブを用意してみた。
これなら下からダイレクトに温めるホカペよりは穏やかかもしれない。

サブはストーブを見ると「何それ?」という怪訝な顔。
サブの様子をみながら、熱すぎないよう、寒すぎないよう、サブとヒーターの距離をはかる。
そうこうしていると、やはりホットカーペットタイプのヒーターよりはマシなのか、
それともあきらめたのか分からないが、あまり移動しようとしなくなった。

しばらく様子を見ていたが、うつらうつらではあるが穏やかに眠っている様子。
このまま朝まで眠れるといいが。


サブが眠ったので、わたしも少し横になることにした。
またあとで様子を見に来るからね、と寝室のベッドで横になった。
ところが、それから三分もしないうちに玄関からサブの声がした。

ふぉ~ん!

即、ガバッとはねおきて玄関へ駆けつける。
「どうしたの・・!」
サブは上半身を起こしかけ、はぁはぁと背中で息をしていた。
尋常ではない息づかいにギョッとした。
これはもう、、最期を迎えようとしているのだ。

サブの体をそっとなでる。
わたしも覚悟を決めた。
「大丈夫だからね、大丈夫。ずっとそばについてるよ」


それから少しのあいだ、サブは苦しんだ。
手足をバタつかせてもがいていた。
苦しいのだろう、もがいては何度か声をあげた。
わたしはなで続け、声をかけ続けた。
「サブ、心配ないよ。もう少しだけだから大丈夫」
本当に最期だから、寝ている同居人さんを起こそうかとも思ったが、
見守るのはかなり辛い作業だ。
わたしだけで見送ろうと決めた。

苦しみはあまり長くはなかったように思うが、サブにはさぞ長かったろう。
本当の最期の最期になってから、わたしはサブを抱き上げた。
抱っこ大好きの甘えん坊を安心して逝かせたかった。

「えらかったねぇ、サブちゃん。これからもずっと一緒だからね」


そして間もなく・・・サブの呼吸は止まった。
スポンサーサイト
テーマ:ねこ日記
ジャンル:日記
コメント
この記事へのコメント
サブちゃんのご冥福をお祈りしています。
2008/03/20(Thu) 00:00 | URL  | こまきねこ #GTMsVC1o[ 編集]
サブちゃん、どうか安らかに。
ご冥福をお祈りします。

ぷくたまさんのお宅へお迎えされ、幸せだったことでしょう。
ぷくたまさんもご介護お疲れ様でした。
2008/03/20(Thu) 18:06 | URL  | titico #-[ 編集]
おやすみなさい。
2008/03/20(Thu) 22:29 | URL  | ういろう #-[ 編集]
サブちゃん…よくがんばったね。
ぷくたまさんに拾われて幸せだったね。
なんとも言葉が出ません。どうか安らかに…
2008/03/21(Fri) 10:12 | URL  | からこ #3un.pJ2M[ 編集]
サブちゃん、お空に旅立って行ったんですね・・・。
本当に良く頑張っていたもんね。
サブちゃんのご冥福を祈らせていただきます・・・。
2008/03/22(Sat) 21:19 | URL  | ヒロ #57/sxb6I[ 編集]
こまきねこさん
titicoさん
ういろうさん
からこさん
ヒロさん
ブログを見ていてくれた皆さまへ

まとめレスで失礼致します。。
あたたかいメッセージをありがとうございました。
多くの人に見守っていただいて、サブは本当に本当に幸せなネコでした。
飼い主は今後もサブとずっと一緒にいるつもりで、今後もカンバリます。
2008/03/26(Wed) 00:48 | URL  | ぷくたま #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。