スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
容態悪化
2008年03月18日 (火) | 編集 |
17日午前中に病院へ。
点滴とステロイド注射。
造血剤もだるくなるということから今日は中止。

ここ数日、何も食べていないので
ひとまず流動食を飲ませてみることになった。
病院で飲ませてもらったが、 大人しく飲んだとのことで一安心。

帰宅後、そこそこ気分も良いのか、
流動食で弾みがついたのかわからないが、
スープを少し口にした。
お、いいじゃん・・・食べれば体力もつくだろうし。

と思ったのだが。。


このあと気持ち悪くなってしまったのか、うずくまりがちに…。
サブは気持ち悪くなると、
玄関やベランダの窓際といった冷たい場所にうずくまる。
冷たさで気分が和らぐのかもしれないが体に悪そうだ。。

そして午後7時過ぎにとうとう吐いた。
飲んだスープか??・・・茶色い。
もしかして血が混じってるのかとも思ったがよくわからず。。
吐いても気分は悪いままらしく、うずくまり続ける。


午前1時すぎ(18日)、再び嘔吐。同時に失禁。
ドロッとした茶色い液体だが、
ずいぶん血が混ざっているようで血生臭さが鼻をつく。
これは喀血と呼べるんだろうか。。
もう体に力が入らないらしくて倒れ込む。

どうしよう、どうしたら。。。

とりいそぎかかりつけの病院に電話。
喀血したことを伝えてたが、
「してあげられることは、すべてしてきたし、これ以上の処置は・・・。手に負えないようでしたらお預かりもしますけど、できたら・・・」

やっぱりお手上げ状態か。

「できたら、そばにいてあげてください。もしもあまりに苦しむようなことがあれば、そのときは力になりますので、またご連絡ください」

これはやはり安楽死を意味するのだろうか。


窓辺にある段ボール箱にサブを寝かせる。
サブのお気に入りの段ボールである。
口元にお湯をふくませてみたけど、拒否された。

その後は1時間おきくらいに起きて様子を見ていたが、
容態は落ちついたようで、サブは朝方までずっと眠り続けていた。
眠れるようでよかったな。


★コストメモ(3月17日)
診察料 600
注射料 500×2
点滴  1500
流動食 300
合計  3400
スポンサーサイト
テーマ:ねこ日記
ジャンル:日記
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。