スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そして霊園へ
2008年03月25日 (火) | 編集 |
25日の今日は、サブの初七日でした。
寂しいけれど、そこそこ元気に過ごしている飼い主です。
遺影を見ては話しかけてます(汗)

さて、サブの記録・生きた証しは最後まで書いておかなくちゃ。


19日に息を引き取ったサブちゃん。
お気に入りのダンボールに安置したその姿は、
本当に眠っているようにしか見えなかった。
今にも起き出してニャアといいそうで、
わかっているくせに何回もお腹を確認してしまうのだった。


20日。
サブを火葬するため動物霊園へ行かなきゃならないというのに、
空はあいにくの雨模様・・・というより思いきり悪天候(汗)
雨もつよけりゃ強風も吹き荒れており、
まるでサブが「逝くのヤダ~」と駄々をこねてるよう。
同居人さんまで「出かけるような天候じゃないから明日にしよう」と言い出す始末。
背後で逝きたくないというサブの思惑が働いているんじゃ・・・と思いたくなる。

でも、遺体を2日間も自宅に置いておくのは気が引けた。
病いに苦しんだ重い体を早く火葬(浄化)してやりたいし、
こちらもふんぎりをつけたい。。
「いや、今日行きましょ!」
口では同居人さんにそういい、
心ではサブに(もう逝きなさい)と言った。


s08032101.jpg
写真:慈恵院(ペット霊園)にて
住職さんに先導されて歩く同居人さん。
腕にはサブの眠るダンボール。


s08032102.jpg
明かりの向こうはもう火葬場。

火葬場で最期のお別れをすると、
ボォォというボイラーの音が聞こえてきた。

火がついたのだ。。

住職さんのお経の声が響く。
これで本当にお別れなのだと思うとやはり涙が止まらなかった。
スポンサーサイト
テーマ:ねこ日記
ジャンル:日記
訃報
2008年03月19日 (水) | 編集 |
2008年3月19日午前6時18分
サブ永眠 享年14歳6ヶ月(推定)

ssabu01.jpg
これは14年前にサブを拾った頃の写真。
(サブはノラ猫の子ども)




サブの記録として、最期まで書いてあります。
内容は愉快ではないのでその旨を承知の方だけクリック。
[READ MORE...]
テーマ:ねこ日記
ジャンル:日記
今日の様子
2008年03月18日 (火) | 編集 |
朝6時頃、ずっと眠っていたサブがごそごそと動く音がした。
はっとして急ぎ見に行くと、
ヨタヨタと玄関のほうへ歩いていく。

トイレへ行くつもりらしい。
自力で玄関にあるトイレまでたどりつき、少量ながら用を足した。
トイレから出るとよろけるように横になった。
あぁ、危ない。。

ならば、とサブのベッドを玄関に移動して、そこに寝かせた。
トイレに自分で行けるなら、そばにあるほうがいいもんね。
玄関は北側にあるので暖かくはないが、
もう冷え込むこともないし大丈夫だろう。
それにサブが涼しい(冷たい)場所ばかり好むし。。

昨日の嘔吐から始まり、
体から出すばっかりだけど大丈夫なんだろうか。
スポイトで口元に水を注いでやっても、飲めるのはほんのひとくち。

もう時間の問題だろうか?
病院の開く時間になったが、どうしようか。
ぐったりしているサブ。
点滴したほうがサブは楽になるんだろうか、
それとも、もうこのまま寝かせていたほうが・・・?

再び病院に電話してみると、
やはり水分は補給したほうがいいとのこと。
そりゃあ、そうだよな。。
抱き上げたりするとイヤがってニャア~と鳴くけど連れて行くか。


同居人さんに運転を頼み、病院へ向かった。
じつはわたしは日曜日に段差でコケて足首を捻挫して、
ロクに歩けない状態だったりする(汗)
足にはギプス。長く歩くときは松葉杖が要る(汗×汗)
なので、昨日から病院通いはすべて同居人さんに頼っているのだった。


病院では点滴と、胃の粘膜を保護する薬による処置を受ける。
昨日から急に嘔吐しだしたのは、
流動食を食べたことによって胃が刺激され、
それによって胃粘膜の出血も増えたのかもしれないとのこと。

そんな・・・。
じゃあ、食べさせなければよかったのか?
とはいっても食べなければ衰える一方だろうし。

それから、体温が下がってるので保温するようにも言われる。
34度くらいしかないという。
たしかに体に触っても暖かさがない。
でも保温をイヤがって冷たいところばかりに行くのだ。

帰宅後、サブのベッドの下にペットヒーターを入れてみる。
しばらくはそこで寝ていたが、さっきヨロヨロと起き上がって
ヒーターのある場所から離れてしまった。
一応、体の下にフリースとバスタオルを重ねて敷いてみた。
いまそこで、伸びきって寝ている。
気持ちよく眠れますように。


★病院コストメモ
診察料 600
抗生剤 500
胃の薬 300×2
点滴  1500
合計  3200
テーマ:ねこ日記
ジャンル:日記
容態悪化
2008年03月18日 (火) | 編集 |
17日午前中に病院へ。
点滴とステロイド注射。
造血剤もだるくなるということから今日は中止。

ここ数日、何も食べていないので
ひとまず流動食を飲ませてみることになった。
病院で飲ませてもらったが、 大人しく飲んだとのことで一安心。

帰宅後、そこそこ気分も良いのか、
流動食で弾みがついたのかわからないが、
スープを少し口にした。
お、いいじゃん・・・食べれば体力もつくだろうし。

と思ったのだが。。


このあと気持ち悪くなってしまったのか、うずくまりがちに…。
サブは気持ち悪くなると、
玄関やベランダの窓際といった冷たい場所にうずくまる。
冷たさで気分が和らぐのかもしれないが体に悪そうだ。。

そして午後7時過ぎにとうとう吐いた。
飲んだスープか??・・・茶色い。
もしかして血が混じってるのかとも思ったがよくわからず。。
吐いても気分は悪いままらしく、うずくまり続ける。


午前1時すぎ(18日)、再び嘔吐。同時に失禁。
ドロッとした茶色い液体だが、
ずいぶん血が混ざっているようで血生臭さが鼻をつく。
これは喀血と呼べるんだろうか。。
もう体に力が入らないらしくて倒れ込む。

どうしよう、どうしたら。。。

とりいそぎかかりつけの病院に電話。
喀血したことを伝えてたが、
「してあげられることは、すべてしてきたし、これ以上の処置は・・・。手に負えないようでしたらお預かりもしますけど、できたら・・・」

やっぱりお手上げ状態か。

「できたら、そばにいてあげてください。もしもあまりに苦しむようなことがあれば、そのときは力になりますので、またご連絡ください」

これはやはり安楽死を意味するのだろうか。


窓辺にある段ボール箱にサブを寝かせる。
サブのお気に入りの段ボールである。
口元にお湯をふくませてみたけど、拒否された。

その後は1時間おきくらいに起きて様子を見ていたが、
容態は落ちついたようで、サブは朝方までずっと眠り続けていた。
眠れるようでよかったな。


★コストメモ(3月17日)
診察料 600
注射料 500×2
点滴  1500
流動食 300
合計  3400
テーマ:ねこ日記
ジャンル:日記
少しマシ
2008年03月16日 (日) | 編集 |
15日(土)よりはいくらか気分が良さそうなサブ。
日曜日なので午前10時すぎには点滴を受けに出向く。

この日はいつもの点滴と、
抗生剤とステロイドを注射。
昨日はしんどそうだった旨を伝えると
増血剤のせいかもしれないとのこと。
この薬を打つとだるさが出るそうだ。

しんどいのはステロイドのせいなのかと思ったが、
ステロイドはいちばんおだやかな抗がん剤らしい。
抗がん剤というと副作用いちじるしいイメージがあるが、
ステロイドでものすごい吐き気が出るとか、
そういった副作用はステロイドでは出ないとのこと。
ちょっとホッとした。


サブの気分は昨日よりはマシみたいだが、
食べ物は口にせず。


★コストメモ
診察料 600
注射料 500×2
点滴  1500
合計  3100
テーマ:ねこ日記
ジャンル:日記
可能性は8割
2008年03月15日 (土) | 編集 |
s08031501.jpg
具合が悪そうなサブちゃん。
部屋の隅っこの暗い場所で、
ジッと耐えているような様子に胸が痛む。。

血液検査の結果は、やはり非常に良くなくて、
麻酔は不可能ではないけどリスクは伴うとのこと。

内視鏡も体には負担がかかるということなので、
要麻酔な治療や検査は見送ることにした。
なんたって、サブの鼻や耳の裏が真っ白なんである。
この状態で麻酔かけたら、
本当にそのまま目が覚めないかもしれない。
麻酔は見送ろう・・・。

ならば、どうするか。

先生の予測では、サブの腫瘍はリンパ腫である可能性が8割。
腎臓の疾患とリンパ腫のダブルパンチで
貧血がひどくなっていると思われるとのこと。

昨日、自分でもネットで検索していろいろ調べてみたが、
確かにネコの腫瘍はリンパ腫が多いとあった。

もうリンパ腫と仮定して治療してみるしかない。。
腫瘍の炎症部分を小さくさせるためのステロイドを注射し、
貧血を緩和するための増血剤も投与する。
そして、いつもの点滴と抗生剤による治療も続ける。
サブ・・・がんばれ。


ステロイドが効けば、
腫瘍が小さくなってサブ本人が楽になるという。

もう、それを一番に考えたい。

・・・ただし、リンパ腫でなければステロイド治療は無駄に終わってしまう。
なんとか効いてくれますように。


s08031502.jpg
病院に向かう車の中。
外を見るのが好きだったけど、
今日はやはり少ししんどそうだった。

★今日の食事
食べられず。

★コストメモ
診察料  600
増血剤 4000
注射  500×2
点滴  1500
合計  7100
テーマ:ねこ日記
ジャンル:日記
いやな影
2008年03月14日 (金) | 編集 |
困った困った。
サブの調子がよくない。

火曜の日記ではアジを食べているが、
水曜はほとんど食べなかったし、木曜も2、3口食べだけ。
そして今日、金曜日も焼き魚をほんの少し口にしただけである。

最高で4.3キロあった体重は、
日に日に減ってきていて今日などは3.75キロだった。

じつは水曜日、
触診で胃に異物があることがわかってしまったのだ。
ここの動物病院の先生は触診で腸にあるウンチの数・形までわかってしまうからすごい。

以前、「僕の小指の先くらいの大きさのウンコが3個くらいありますねぇ」などと仰ったその夜、本当にそのとおりのウンコが出てきたときはびっくりした。
びっくりしたけど、医師ならあたりまえ・・・?


s08031301.jpg
木曜日(13日)。
病院で触診中のサブ。
異物があるとのことで、レントゲンとエコー検査をしてもらったが、
やはりそれらしい影がしっかりと写っていた。

腫瘍ぽい・・・とのこと。

「ネコの胃に腫瘍ができることは稀なんですが・・・」と先生。
なんでそんなマレなものができるかなぁ、サブ。。

問題は今後の治療。
サブは14歳と高齢で、しかも腎機能が衰えている老猫である。
開腹手術はリスクがあまりに高い。
それ以前に麻酔がかけられるかどうかも怪しい。

麻酔がかけられれば内視鏡で腫瘍を確認できるし、
また腫瘍の一部を採取して、どのタイプの腫瘍なのか調べることもできるとのこと。
それがわかれば治療方法もたてやすくなる。
せめてそのくらいやりたい。


今日の治療は点滴と胃薬の投与。
そして、血液検査のための採血。
もう鼻の色が白っぽいから貧血のほうも心配だ。

検査の結果は明日には出る。


★今日の食事
焼きアジを少し。
焼きマグロをもっと少し。
モンプチのスープ少々。
カリカリを一口食べたかも?


★コストメモ
3/13
診察料   600
注射料   500(抗生剤)
点滴    1500
レントゲン 3000
エコー検査 4000
計     9600

3/14
診察料   600
注射料   500(抗生剤)
点滴    1500
胃薬    300
血液検査  8000
計    10900

テーマ:ねこ日記
ジャンル:日記
小アジを3匹
2008年03月11日 (火) | 編集 |
s08031001.jpg
食欲のないサブに唐揚げ用の小アジを買ってみた。
処理済みのアジだったので、そのままグリルにポン。
ジワジワと魚の焼けるニオイにサブはそわそわ。

いつでも食べたいそぶりはみせるサブ。
そのくせ食べる量は2、3口だったりするからガッカリなのだが、
今日は小アジを1匹ほぐしてやったらガフガフと食いついた。

あら、食べるじゃん! もう1匹食べる?
もう1匹ほぐしてやったら、それもペロリ。

おぉ~(^^)♪

結局、3匹の小アジをすっかり平らげたサブ。
久々のアジは美味しかったらしい。
また買ってあげるからね。

でもキャットフードも食べてね(^^;
テーマ:ねこ日記
ジャンル:日記
調子、下降気味
2008年03月10日 (月) | 編集 |
s08030901.jpg
一日置きの点滴で状態をキープしてきたサブだけど、
少し調子が崩れてきたようだ。

食欲が落ちて、あまり食べなくなってしまった。
それと同時に体重も落ちはじめている。
一時期は4.3キロまで戻っていた体重が今日は3.9キロ。

缶詰やドライフードの種類を変えたり、なまりぶしを買ったり、
いろいろ工夫してはいるものの量は食べてくれない。
困ったなぁ。



s08030902.jpg

ベランダで日光浴。
こうしてるとあまり変わらないように見えるけど、
また背骨の感触がはっきりしつつある。

ネコがついガバガバ食べてしまうような、
スーパー・キャットフードはないものだろうか。
テーマ:ねこ日記
ジャンル:日記
ヒマ種エキス入り?
2008年03月03日 (月) | 編集 |
s08030102.jpg
栄養クリームの外箱を撮ってみた。
箱の側面にクリームの成分が書かれているが、すごい量だな(^^;
「ヒマワリ種子エキス」とかあるが、肌にいいのか・・・?
ヒマ種というと、ついついハムスターを連想するんだけど。

ま、このクリームを使っていると、
お肌がつっぱりにくいからイイのだ♪
これからも頼むよ~。

テーマ:日々のつれづれ
ジャンル:日記
卵どっちゃり
2008年03月02日 (日) | 編集 |
s0803013.jpg
これは何に見えるかな?

じつはコレ、金魚の卵である。
タイルにびっしり着いてるんである。
水槽にはこのタイルが5枚くらい敷いてあるが、
どのタイルにも卵がどっちゃり。
その他、床やヒーターも卵だらけ。

去年、せっせと産卵に励んでいたメスのデメキンが、
どうやら今年も生む気らしいのだ(汗)
多産系の金魚なんだろうか・・・(-人-l)

そして、よろしくないことに
今回ペアを組んだオスの金魚が彼女の息子。
去年、生まれ育った稚魚がいまやむっちりと育って親以上の大きさになり、
父親を払いのけて母の夫になってしまったのだ(汗)

ウチにはすでに金魚用、メダカ用、メダカ稚魚用と
三つの水槽があるからこれ以上増やせないし、
それ以前に禁断のペアから生まれる稚魚はヤバそうだしで、
今回の卵は即座に水に流させていただきました(-人-)

ごめんネ(汗)
テーマ:うちの金魚
ジャンル:ペット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。